オレ速~俺の速報

時事ネタ、面白ニュース、海外ニュース、速報、訃報、炎上ニュースなどをいち早くお届け!

    picture
    1:5ch名無し民2022/11/27(日) 12:16:40.97ID:YK17tVvZ0●


    忠武公李舜臣(イ・スンシン)=1545-98=将軍が1598年11月、壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)最後の戦いである「露梁海戦」を前に「先鋒(せんぽう)で戦ったら危険だ」という武将らの引き留めを聞かず出撃した、という記録が残る資料が初めて公開された。李舜臣将軍はこの海戦で大勝利を収め、戦死した。

    文化財庁と国外所在文化財財団は、壬辰倭乱時に領議政(総理大臣に相当)を務めた柳成竜(ユ・ソンリョン)=1542-1607=が書いたと推定される文書「柳成竜備忘記入大統暦庚子(こうし)」(以下『大統暦』)を最近、日本から韓国国内に持ち込み、24日に公開した。

    1600年(庚子年)の暦本であるこの資料には、柳成竜自身が書いたと推定される天気、日程、約束、事件、病勢および処方などが書き込まれている。最も注目すべき部分は、紙を当てて作った表紙の上に記された李舜臣将軍関連の記録だ。
    「戦い(露梁海戦)の日、自ら矢石の危険を冒すと、部将らは陣頭指揮を引き留めてこう言った。『大将は自らを軽々しく扱ってはなりません』。
    しかし聞き入れずに直接出戦して戦いを督励し、やがて弾に当たって戦死した。ああ!」(戦日、親当矢石, 褊裨陣止曰、大将不宜自軽 …(不)聴、親出督戦、既而為飛丸所中而死、嗚呼)と記録されている。

    これは「なぜ李舜臣将軍が最後の戦いで敵軍と近接戦を繰り広げ、銃弾に当たったのか」というこれまでの謎を解消できる記録だ。国外所在文化財財団の依頼を受けて、草書で記された文書の内容を解読したヨへ古典研究所のノ・スンソク所長は「李舜臣将軍が部将の引き留めを押し切って先鋒に立った、ということが明かされたのは初めて」とし「最後の戦いで、わが身のことは顧みずあえて先頭で戦いを指揮した、という意味」と語った。

    同資料には、このほかにも▲露梁海戦の直前、柳成竜が領議政から退いたことを聞いた李舜臣が、船内に入るたびきれいな水をくんで自らを戒めた▲撤退を決めた日本軍が退くとき、いつも頭を下げるので柳成竜が大笑いした-など、壬辰倭乱関連の新たな内容を記している。ノ所長は「丁酉(ていゆう)年の備忘記録や李舜臣将軍のための哀悼詩など、現在残っている柳成竜の親筆と『大統暦』を比較してみると、筆体が同じだった」と語った。

    https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022112580129


    https://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2022/11/25/2022112580126_0.jpg



    李舜臣

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E8%88%9C%E8%87%A3


    日本軍との無血撤退の約束を反故にし露梁海戦に主将として参戦するも敗死



    【韓国の英雄(笑)の李舜臣、部下の引き留めを聞かずに無血撤退中の日本軍を攻撃→返り討ちにされ死亡】の続きを読む

    picture
    1:5ch名無し民2022/11/27(日) 10:31:34.24ID:dKLTVPmw0●


    「日本人の8割がTwitterの短文すら理解できない?」…急増する"バカ"の正体

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d05004e374358846e70dfcedba80129fda48959d



    【バカな人は人生が楽しい。賢い人は人生に苦痛が多い。】の続きを読む

    picture
    1:5ch名無し民2022/11/27(日) 11:50:20.61ID:4X3VBKjg0●


    https://www.youtube.com/watch?v=KlbUSke0zvk


    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/214828


    厳しいゼロコロナ政策を続ける中国・上海で、きのう夜、習近平国家主席の退陣を求める大規模な
    抗議デモが行われました。

    「共産党退陣しろ、習近平退陣しろ」

    上海で抗議デモが行われたのは、新疆ウイグル自治区にちなんで名付けられた道路の交差点です。

    ここで、24日に新疆ウイグル自治区で起きた火災の追悼式が行われていましたが、厳しいコロナ対策を
    維持する習近平指導部への批判に発展したということです。

    この火災をめぐっては、コロナ対策による封鎖のため消火が遅れたという指摘が出ていて、批判が高まっていました。



    【「共産党退陣しろ、習近平退陣しろ」 上海で大規模抗議デモ】の続きを読む

    このページのトップヘ